こんにちは!

今回は夫婦が老後まで円満に暮らしていくにはどう行ったコツがいるのかを紹介したいと思います。

近年は熟年離婚なども増えてきていますが、円満に老後まで過ごせるのが一番ですよね。

しあわせな夫婦生活を長く続けたい方は是非最後まで読んでみてください。

 

おすすめの産経新聞 朝の詩を紹介

まずは夫婦円満のコツの紹介に入る前に、「老後も仲睦まじい夫婦はいいな〜」と思える詩を紹介したいと思います。

タイトルは「未来」という詩です。

 

 

産経新聞 朝の詩

 

 

ーーーーーーーーー

早朝の

プラットホームに

老夫婦が佇んでいる

方を寄せ

手を繋ぎ

少し丸い背中も似て

滑り込む電車の向こう

朝日がふたりを照らす

ああ 私も

いつの日か

彼等の行き先に

辿り着けるでしょうか

ーーーーーーーーー

 

詩を読んだだけでこの詩の作者さんが目にしている風景が頭の中に浮かんでとてもいい詩ですね。

自分もいつの日かこの老夫婦のような人生を送れるようになりたい、そう私も思わされる詩でした。

 

 

この詩を書いた方のブログも紹介

産経新聞の朝の詩についてインターネットで調べてみると、産経新聞の朝の詩に作品を投稿している人のブログがいくつか見つかります。

その中の一つに今回私が紹介した「未来」という作品を書いた方のブログを見つけました!

産経新聞 朝の詩の作品をもっと見る

この方は朝の詩以外にも様々なところに詩を応募しているみたいです。

自分が書いた詩が選ばれて実際に新聞や雑誌に載るというのはとても嬉しいことだと思いますし、満足感もすごいと思うので羨ましいですね笑

この方のブログでは今回紹介した作品はもちろん、そのほかの作品も紹介されているので興味がある方はぜひチェックしてみてください。

 

 

朝の詩って?

産経新聞の紙面に掲載されているものに「朝の詩」というものがあります。

 

これは毎日違った140文字程度の詩を紹介するコーナーで、このコーナーが始まったのは1982年、すでに35年以上の歴史があります。
テレビ番組なら35年も続いていたらかなりの長寿番組ですよね!そう考えると朝の詩はかなりすごいコーナーだと言えます。
そして長い間新聞読者の皆さんに愛されているコーナーということですね!

 

ではなぜそれだけ長い間読者に愛されてきたかというと、私は詩はプロではなく一般の方の公募から選ばれている点にあると思います。

新聞を読んでいる自分と同じような一般の人が書いた詩の方が親近感が湧いて共感しやすいと私は思います!

そしてこのコーナーを毎日見るうちに自分も詩を書いて投稿してみようという人も出てくるでしょう。

 

このように読者も参加できるコーナーだからこそこれだけ長い間続いてきたのだと思います!

 

そしてその詩の応募方法ですが現代では珍しくハガキ応募です。今の時代なんでもインターネットからの応募が当たり前ですが、朝の詩はおじいちゃんおばあちゃん世代の方でも簡単に応募できるように昔からハガキ応募の方式を変えていません。

インターネットから応募するのではなく、自分の詩をハガキに直接書いて応募する、なんだか温かみがあっていいですよね。

 

これからも朝の詩のコーナーはインターネット応募ではなくハガキ応募を続けて欲しいです。

 

 

老後まで夫婦が円満でいるコツは?

では本題に入っていきます。夫婦円満のコツを3つ紹介していきます!

 

1.毎日感謝すること

夫婦はお互いに助け合いながら日々の暮らしを送っています。

奥さんが食事を作ってくれたり、力仕事は夫がやってくれたりとそれぞれの得意なことを活かして共同生活を送っています。

ですが、毎日家事をやってくれることは当たり前になってしまい感謝の気持ちがだんだん薄れてしまう人も残念ながらいます。

お互い助け合ってるとはいえその人の為に頑張っているのだから感謝してくれた方が嬉しいに決まっていますよね。

ベストなのは日常的に、ありがとうを言ったり、作ってくれたご飯をおいしいと褒めたりすることです。

毎日いうのが気恥ずかしいという人は相手の誕生日などに定期的に感謝の気持ちを伝えてあげましょう。

 

 

2.記念日を大切に

老後になると一日中夫婦が揃って家にいることが多くなります。若い頃と比べると日常に刺激がなくなってしまうのは仕方のないことです。しかし、だからこそ2人の誕生日や記念日などの特別な日は大切にしましょう。

同じような日々の繰り返しの中にやってくる記念日というイベントは特に印象深いものです。

毎年記念日を楽しみにしていれば長い夫婦生活もマンネリすることなく円満に続くでしょう!

 

 

3.お互いを尊重し合う

若い頃はケンカをすることもあるかもしれませんが、50、60になってその人と何十年も暮らしたのならば相手の嫌なところも許せる心が大事になってきます。

嫌なところを見るにではなく、相手のいいところを見つけ、自分を支えてくれるパートーとして尊重し合えるようになれば夫婦円満な老後を送れるでしょう!

 

まとめ

夫婦円満のコツは感謝の気持ちや尊重など相手を思いやること、そして記念日などのイベントを大切にすることが大事です!

この先何十年も共に過ごす夫婦なのですから、円満な夫婦生活を送れる方が絶対いいですよね!

今回紹介したコツを心がけてこれからの生活を送ってください!

 

おすすめの記事